GACKTが嫉妬したほど美味しい?世界で一番おいしいと思ったものとは?

ガクトが世界一うまいと絶賛した小龍包

4月6日放送の「ビートたけしの私が嫉妬したスゴイ人」で歌手のGACKT(ガクト)が嫉妬したものとは?

一流芸能人が嫉妬した人物の実名を激白!という内容でしたが、GACKT(ガクト)さんは、

「人ではいない。ものだったらある。最初食べた時あまりにも衝撃的だった。」

「世界で一番おいしいモノ。美味しすぎて200個食べた!

と言うことで紹介したのが

ジンディンロウ恵比寿本店の小龍包

台湾で有名な京鼎樓の日本1号店として人気を集めているお店ジンディンロウ。現在台湾に2店舗、日本には11店舗を出店している。

ガクトおすすめの小龍包

極薄皮の中に秘伝のスープと旨味タップリの肉汁の小龍包はGACKT(ガクト)が世界一と言わしめるほど。

スタジオでも試食が行われ

ビートたけし「うまいね!」

YOUさん「ん!!おいしい!」

伊集院光「確かにうまいね~」

劇団ひとり「200個くらいいけるかもしれないですね!」

とみなさん大絶賛していました。

GACKT(ガクト)が絶賛した小龍包お取り寄せもできるようですのでぜひお試しください。

京鼎樓(ジンディンロウ)

京鼎樓は台湾台北市に総本店を置く、小籠包を看板料理とした台湾料理レストラン。 日本では2017年1月現在レストラン、バル、フードコート業態の3業態で全国に15店舗を展開。

GACKTが20年以上愛用している「はちみつマヌカハニー」とは?

2017.04.29